AND MORE

【伊勢丹オトマナ】割ってしまった愛着がある器、金継ぎでよみがえる!オトマナ「本格金継ぎ入門」潜入

2018.06.18

誰でも一度や二度はあるはず、大切な器や愛着を持って使っていた器を割ってしまったり、いつの間にか欠けてしまっていたことが。
しかし古くからある金継ぎをすれば、美しくよみがえるさせるだけでなく、新たな価値を与えることもできるのです。割れや欠け、ヒビの破損した箇所を漆(うるし)で接着し、金などの金属粉で仕上げます。今回は、伊勢丹オトマナの「本格金継ぎ入門」連続講座の5回目「金粉をまく」回を見学してきました。

20180620otok01jpg.jpg

■金継ぎとは?
金継ぎとは、割れたり欠けたりした陶磁器の破損部分を漆で接着します。途中、その破損部分を何度か塗り→研ぎ→乾燥を繰り返し、金粉等で装飾し修復します。壊れた器の中に新たな命を吹き込み、修復することで以前とは違った絵柄になり、より愛着もでてくるのです。

陶器の器や漆椀が修復できます。
このグレーのお皿は線の通り4つに割ってしまい、漆で接着後、研いで固めた状態のもの。

201806160otok02.jpg


漆椀の欠けた箇所を修復します。

20180616otok03.jpg


■講座ではどんなことをするの?
3ヶ月全6回の工程で器を本格的に修復します。
実際にプロが使う道具や材料で、ご自身の割れや欠けのある器を漆で接着・修復し、最後は金粉などで装飾、美しく甦らせ再び使用できるようにします。

第5回の講座(水研ぎ、地描き・粉蒔き、乾燥)から、一部の工程をフォトレポします!

【水研ぎ】漆で欠けた箇所を修復後、やすりを水につけながら、滑らかになるように研ぐ作業中。

20180616otok04.jpg
 

【地描き】器に塗るための下地を作ります。

20180616otok05.jpg


金継ぎをする箇所に、漆を塗ります。

20180616otok06.jpg
 

【粉蒔き】漆を塗った修復箇所に金粉を筆で蒔(ま)きます。

20180616otok07.jpg
 

金粉を蒔いた器は、一度、刷毛で余分な粉を落とし、乾燥させます。

20180616otok08.jpg

20180616otok09.jpg

次の6回目は最後の工程。金粉で固めた部分を、磨いて完成です。
一回の見学でしたが、どんな風に仕上がるのか楽しみになりました。


金属粉を蒔き、乾燥中の状態です。最後に、磨きをかけて完成となります。

20180618otok52.jpg
20180618otok51.jpg

■講座の内容
1回目 前処理、漆で接着→乾燥
2回目 接着部分を調整・研ぎ
3回目 切り粉漆付け→乾燥
4回目 水研ぎ、下塗り、乾燥
5回目 水研ぎ、地描き・粉蒔き、乾燥
6回目 粉固め・乾燥、磨き

オトマナ講師の柴田克哉著書「漆の技法」より。

20180616otok10.jpg
 

■講師はどんな方?
柴田克哉先生。
工芸作家・武蔵野美術大学非常勤講師。
数々の芸術大学で講師を務め、展覧会やワークショップを開催。2006年茨城県取手市に「小文間工房」を開設。

20180616oto11.jpg
猫柄のエプロンをして、やさしい、気さくな先生です。

生徒さんにより進行状況が違うので、一人一人に声をかけ個別指導をしていました。
マニュアルで伝えきれない細かいところは、実際に手をとりながらやり方を伝授してくれます。

20180616otok12.jpg
 

■どんな人が参加しているの?
生徒さんは、主婦の方がほとんど。お孫さんもいる方もいらっしゃいます。
継続参加されている方が多く、皆さま、教室に入られると準備をはじめ、個々に作業に始めていました。

20180620otok02.jpg


■生徒さんに伺う、金継ぎをはじめたきっかけ?
以前から金継ぎに興味があり、始めた方が多いようです。
大切な物や愛着をもって使っていたものを壊してしまった時、直して大切に使い続けたい。

20180616otok14.jpg
 
■生徒さんに伺う、金継ぎの魅力は何?
「大切な器が少しずつ、よみがえっていくことは楽しく、やりがいも感じます」
「壊してしまった愛着がある器をいつまでも大切に使い続けることができること」
「家元のお茶会に出席した時に、金継ぎのお茶碗を使われていて、優しさが伝わってきました」

20180516otok15.jpg
 

■修復する器には物語がある
7月開催のオトナマカタログ「本格金継ぎ」に掲載されている器には物語がありました。戦後、アメリカ人の収集家の方が買い求められ本国に持ち帰り長年愛用してきたそうです。
割ってしまったので、修復して欲しいと柴田先生のもとへアメリカから人づてで依頼がきました。新たに生まれ変わった器は、持ち主のもとに送りかえされました。器の価値は、その方の思いがたくさんつまっているので、無限ですね。

20180616oto16.jpg

 
■本格金継ぎ入門(連続講座)
日時:7月6日(金)・20日(金)・8月3日(金)・24日(金)・9月7日(金)・21日(金)
各日午後6時30分~8時
講師:柴田克哉(工芸作家・武蔵野美術大学非常勤講師)
受講料:[新規]43,740円(道具・材料費含む)・[継続]21,060円(ともに全6回分)


■伊勢丹「オトマナ」とは
世界の文化、ビューティ、ヘルスケア、スキルアップ、フラワー、クラフトアート、フードなど、伊勢丹新宿店だから経験できる感性あふれるカリキュラム、一人ひとりのライフスタイルを豊かにする講座をお届けしています。気軽に参加できる1日講座、本格的に学ぶ2回~6回の連続講座があります。時間帯は、主婦の方が参加しやすい昼間、お仕事帰りに参加できる夕方からなどがあります。

20180406otomana01.jpg


~講座の詳細とお問合せ・お申込みについて~
●夏の講座一覧
夏の講座一覧のデジタルカタログはこちらから

●講座の申し込みはWEB&電話
伊勢丹オンラインストアでお申し込みはこちら

●お電話でのお問合せ・お申し込み
新宿店本館6階=時の場 電話03(3225)2811(直通)

●講座会場
伊勢丹会館5階=伊勢丹マナビアイ/「オトマナ」(一部を除く)


 


宿店は、午前10時30分から午後8時まで営業いたします。
夏のクリアランスセールは6月29日(金)からスタート。
新宿店は6月29日(金)・30日(土)は、午前10時から午後8時30分まで営業いたします。


今のイセタンがわかるWebガイド、毎週発信!http://www.isetanguide.com
 

このほかにも開催中のフェアやイベント情報を発信中!

【伊勢丹公式】
  facebook 
  
毎日更新中。上記リンクからフォローしてご覧ください。
 
  LINE 
  
タイムラインを更新中。伊勢丹新宿本店【LINE ID: @ISETAN】で検索
  または、その他 → 公式アカウント → (カテゴリ)ショップ・グッズ → 伊勢丹新宿本店で
  お友達登録してご覧ください。

【ISETAN PARK net】 http://isetanparknet.com/
  facebook 
  
毎日更新中。上記リンクからフォローしてご覧ください。

【まだまだあります!伊勢丹新宿店SNSリストはこちら↓】
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/social/index.html

最新記事

  • イタリアの泡が勢揃い!「ノッテビアンカ~イタリアンスパークリングワインの祭典~」
    FOODS
  • 男性のみなさん、汗、ニオイ対策は準備OK? 夏コスメや快適下着で爽やかな夏をすごそう
    MEN
  • 男性もスキンケアを始めないと! 肌測定コンサルティングで、ぴったりのメンズコスメを探そう
    MEN
  • 帯、帯留め、ヘアアクセサリーで脱マンネリ!ゆかたの着回しバリエを増やそう
    WOMEN
  • お気に入りのゆかたを見つけるなら、バリエ豊富に揃う伊勢丹新宿店へ
    WOMEN

伊勢丹 新宿店

btn_pagetop