WOMEN

ゆかたはいつ買うのが正解?今年のトレンドは?初心者のお悩み相談!

2018.05.25

早くも2018年浴衣(ゆかた)の展開がスタートしています。人気の柄の中には早くも入荷待ちのものもあるとか。「でも、浴衣っていつ買うのが正解なの?」「そもそもいつから着ていいの?」「今年のトレンドは? 」「お手入れはどうしたらいいの?! 」・・・そんな浴衣に関する尽きない疑問に、伊勢丹の呉服担当者がズバッとお答えします。
浴衣のお買物でもう悩まないでください!

1805yukatan1_1_1.JPG

『伊勢丹のゆかた』
□4月25日(水)~8月21日(水)
□伊勢丹新宿店本館7階=呉服
https://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/event/yukata/index.html

 

■もう浴衣の販売はスタートしています!


え、もう?!と驚きの方もいらっしゃるかもしれませんが、伊勢丹新宿店では2018年の浴衣は4月25日から店頭やオンラインで販売スタートしています。でも、どのタイミングで買ったらいいか分からない、いつ着たら良いなどのしきたりが分からない・・ そんな浴衣初心者N子の素朴な疑問やお悩みを、今回は伊勢丹の浴衣バイヤー経験者でもあるセールスマネージャーの金子がスバッと、やさしく、解決いたします!

1805yukatan1_2.JPG

N子:もう浴衣を展開しているけど、早いですよね・・ そこまで暑くないですし。
そもそも、浴衣って、いつから着ていいんでしょうか?

金子:一説には、東京では浅草の三社祭(今年は5月18日~20日)以降が目安、とも言われていますが、茶道家や着付師の方など着物にお詳しい方とお話をしていても、いつ以降でないとダメということより、多様化の進む中で、伝統として楽しむのか、ファッションとして楽しむのかなど、個々人の価値観によるところが大きくなってきているようです。観光地では、外国人観光客の方が、季節を問わずにチャレンジしている風景も多くみかけるようになりました。
とはいえ、早い時期からお召しになるのであれば、半襟や足袋をあわせて、夏着物のように着てみたらいかがでしょうか?普段の浴衣とは一味違ったスタイルで、この時期ならではの浴衣のお洒落を楽しめますよ。

1805yukatan1_5.JPG
 薄いブルーの半襟で色あわせを楽しんでいます。

1805yukatan1_6.JPG
 半襟の種類もたくさん。刺繍があるものやレース素材のものなど。迷ったらお気軽にご相談くださいね。


N子:今から買って、すぐに着てもいいのは嬉しいですね。
でも、7月向けてもっと種類が増えるのに、5月に浴衣を購入するのは早すぎませんか?

金子:浴衣を早い時期から購入することの利点は主に2つあります。まず、反物から誂(あつら)える場合、仕立て上がるのは約1か月後、つまり夏までにお客さまのサイズに合わせゆかたを手に入れることができます。ゆかたはシンプルな作りであるため、美しく着こなすにはサイズがとても重要です。工料がかかり若干割高にはなりますが、着心地や着姿の美しさが格段にアップしますので、浴衣初心者の方にこそ、ぜひチャレンジしていただきたいと思います。

1805yukatan1_7_1.JPG

N子:確かに、サイズを気にせずに、好きな柄を選べたらいいですね。

金子:はい。特に、素材や産地にこだわった反物が豊富に揃っているのは、今の時期ならではです。
もう一つのメリットとしては、やはり人気の浴衣の柄を先取りできることです。こだわりの浴衣は、手捺染(てなっせん)や注染(ちゅうせん)といった、昔ながらの手作業の技術を使って美しい柄が作られているものも多く、どうしても大量生産が難しいため、1つ1つのデザインに対する枚数が少なく、人気の柄は早くに完売してしまう場合があるのです。追加の入荷があるとしても早い時期の花火大会などには間に合わないこともあります。

N子:好みの柄が出たら、その時が買い時ということですね。

金子:そうですね。その点では、必ずしも早く購入すればいいということではなく、気に入った浴衣に出会った時にご購入されるのがおすすめです。

 

■2018年ゆかたの注目カラーは「赤」!


N子:とは言っても、どの柄を買っていいのか迷ってしまいます。今年人気が出そうな柄や、2018年の浴衣のトレンドを教えてください。

金子今年のおすすめは、赤を取り入れたスタイリングです。浴衣の柄や、スタイリングのポイントに赤が入ることで、花火大会など大勢の人が浴衣を着て集うシーンや、SNSでもぱっと映えますよ。伊勢丹のwebカタログでも赤を使った浴衣をいくつか掲載していますが、すでに人気の兆しが見えています。

1805yukatan1_7_3.jpg

N子:確かに、赤は写真映え間違いないですね。

金子:はい。白や紺がメインとなりがちで、使われる頻度が比較的少ない”赤”を効かせた浴衣は、地色や帯色としてだけでなく、下駄や小物使いに用いることで、格段に浴衣姿を華やかでキャッチーな印象にしてくれますよ。
他にも、コントラストのハッキリした多配色のゆかたや、明度・再度の高い色を使った浴衣など、古典柄の美しさや意味、伝統技法に裏打ちされた確かな品質をもちつつ、SNS映えする現代的な色使いでアプローチする浴衣もクローズアップしています。

1805yukatan1_8.JPG

N子古典柄×はっきりした色使いは、レトロな雰囲気を楽しめそう
小物で取り入れるのは挑戦しやすいかもしれません。

金子:普段のお洋服ではなかなか取り入れないような、鮮やかな色の組み合わせも、浴衣のスタイリングだとチャレンジしやすいですよね。ぜひいつもとはちょっと違う色使いを楽しんでください。

1805yukatan1_8_1.JPG

N子:せっかく早めに浴衣を購入したら、花火大会しか着ないのはもったいなくて・・・。
夏まで待たずに、街着として楽しみたいのですが、いったいどこへ着て行ったらいいんでしょうか。

金子:ちょっとしたお出かけやランチなど、日常の何気ないシーンにも積極的に着てみてください!浴衣が映える素敵な場所へ行きたい、と思って、いつもとは違う街を歩いてみたくなったり、お友達同士の集まりもいつも以上に気分が上がって普段とは違う世界に感じるかもしれません。きっと、これまでとは違う新しいところへ、浴衣が連れて行ってくれますよ
伊勢丹新宿店ではゆかたのご紹介に加えて、イベントなど着る場もご提案しておりますので、これからの情報もぜひチェックしてみてくださいね。

N子:どんなイベントがあるのか、わくわくしてきました!
でも、何度も着たら、洗濯が気になるのですが、お手入れ方法はどうしたらいいのでしょうか。

金子:最近はご自宅でお洗濯ができる浴衣も多いんですよ。また、浴衣の下には1枚下着を着ていただくと汗取りになりますので、クリーニングの回数を減らすことができます。お着物に慣れていない方は、補正効果もついている着物用の肌着を着ていただくと、浴衣を更にきれいに着こなせるのでおすすめです。

1805yukatan1_15_2.JPG

N子:だいぶ浴衣に関する悩み事が解消されました。今年こそゆかたにチャレンジしてみたいと思います!

金子:はい。ぜひご来店お待ちしています!

1805yukatan1_16.JPG


伊勢丹では「ISETAN KIMONO CLUB」という無料会員クラブがございます。着物の最新情報をお届けしたり、おきものでのお出かけイベントの企画しているほかお手入れや保管に困った時など、アフターケアのご相談もお任せください。

⇒ISETSN KIMONO CLUBのご入会はこちら
フェイスブックでも随時情報を更新中 
https://www.facebook.com/isetankimonoclub/

 

■続々POPUPが登場!!今週は<THE YARD>と<ルミロック>

『THE YARD POP UP』
□5月23日(水)~29日(火)
<THE YARD>は創業101年をむかえた<やまと>から登場したブランドで、「白シャツのように着る新しい日常を作るきもの」を提案しています。爽やかな夏きものや浴衣が登場。メンズも揃います。

1805yukatan_yard.jpg
 

1805yukatan1_17.JPG

コーディネートアイテムとして、<エンダースキーマ>や、<クリスチャン ポー>のレザーバッグ、<SIRI SIRI> などのアクセサリーや、<kenichi kondo>、<tomohito matsubara> の新作帯留めもご用意しています。

1805yukatan1_18.JPG

さらにPOPUPの開催中(5月23日~29日)は、お役立ちイベントも毎日開催!

きもの合わせ講座  
午前10時45分~午前11時15分
お持ちのきもの、帯、小物 などのコーディネートのご相談を承ります。

男性角帯レッスン
午前11時30分~午後12時30分 男性の角帯の結び方(スタンダードな貝の口)をレクチャーいたします。

いずれもご予約は不要です。どうぞお気軽にお立ち寄りください。



『<ルミロック>ゆかたフェア「さかさまの国」』
□5月23日(水)~29日(火)
”さかさまの国”がテーマの<ルミロック>の新作浴衣をご紹介しています。

・・・・・・・・
むかしむかし、あるところにさかさまの国がありました。
「遅いが早い」
「弱いが強い」
「きたないがきれい」
「不便が便利」
「古いは新しい」
ルミロックは、そんな国です。

Edo meets Rock! 
伝統技法を使いながら、「現在」を意匠に刻みオリジナルデザインで制作。
ルミロック、今年の新作ゆかたをご紹介いたします。
色々なイベントに、さらっと観劇に、自分を更新して出かけてみようではありませんか。
さかさまの国は、皆様のすぐそこにあります。
どうぞこの夏もおでかけください。
 

1805yukatan1_19.JPG

こちらも週末にはオーダー会も予定!

1805yukatan1_20.JPG

手書き扇子・下駄オーダー会
□5月26日(土)午後1時~午後4時
お好きな文様をご注文ください。絵師大島蓮が手書きいたします。


【次週の予告】

『<竺仙>(ちくせん)のゆかた』
□5月30日(水)~6月12日(火)
古典柄を中心に、江戸小紋・ゆかたの老舗ならではの、伝統技法で染め上げた浴衣をご紹介します。

1805yukatan_chikusen.png

貴重な型紙を用いた本藍染長板中形(ながいたちゅうがた)をはじめ、職人の手作業が見事な、こだわりの浴衣にご注目ください。

糊置き実演イベント
6月2日(土) 午前11時~午後5時 
長板中形の染めの工程の一つ「糊置き」の実演を行います。



続々と登場する、新作浴衣。お好みのものはございましたか?
伊勢丹のゆかた情報、今後もどうぞお見逃しなく!

■浴衣の着方・帯の結び方動画
・ゆかたの着方・文庫結び動画
・ゆかたの着方・リボン変わり結び動画

■あわせて読みたい
伊勢丹ゆかたサイト
・浴衣1枚を帯と雑貨で何変化する?大正ロマンから現代風までコーディネート
・大人の男の魅力が際立つ、メンズゆかたを狙え!


 



新宿店は、午前10時30分から午後8時まで営業いたします。

今のイセタンがわかるWebガイド、毎週発信!http://www.isetanguide.com
 

このほかにも開催中のフェアやイベント情報を発信中!

【伊勢丹公式】
  facebook 
  
毎日更新中。上記リンクからフォローしてご覧ください。
 
  LINE 
  
タイムラインを更新中。伊勢丹新宿本店【LINE ID: @ISETAN】で検索
  または、その他 → 公式アカウント → (カテゴリ)ショップ・グッズ → 伊勢丹新宿本店で
  お友達登録してご覧ください。

【ISETAN PARK net】 http://isetanparknet.com/
  facebook 
  
毎日更新中。上記リンクからフォローしてご覧ください。

【まだまだあります!伊勢丹新宿店SNSリストはこちら↓】
http://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/social/index.html

 

最新記事

  • 【特集】本当のバストサイズを知っていますか? ランジェリーコンシェルジュが下着のお悩みに応えます!
    WOMEN
  • 【特集】ママ友&キッズとのハロウィンパーティはこのグッズで盛り上がる。フォトスポットや週末のイベントも。
    BABY&KIDS
  • 【特集】江戸小紋の可能性を広げたい。<廣瀬染工場>四代目・雄一氏の熱い思い
    WOMEN
  • 【特集】自分らしいハロウィンの楽しみ方を見つける。気軽に取り入れたいハロウィングッズたち。
    LIVING
  • 【レポート】大胆なロゴ使いが新鮮!新作コレクション「フェンディ マニア(FENDI MANIA)」が伊勢丹に登場
    WOMEN

伊勢丹 新宿店

btn_pagetop