店頭レポート 新宿本館地下1階食料品フロアから最新レポートをお届けします

全国おとりよせグルメ特集(7)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.30

今回も、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,7」!でございます。

それでは3商品をお伝えいたします!
 
 

img

(上写真)<鳥取県>「センナリ・大地」鳥取砂丘産らっきょう漬

食卓のおともに、お酒のおともに~と魅する美味しそうな“らっきょう”がズラリと並んで
います!
この“らっきょう”は、日本有数の産地「鳥取県福部村」で粒よりのものを
“米の酢”、酒みりん、自然塩「海人の藻塩」で丁寧に手作業で漬け込んだものだそうです。
 
そして<センナリ>のこだわりとは、
 “米と水” 「体によくて、美味しくて、安心していただけるもの」
と、心を込め自然の素材だけを仕入れて原料としているという・・・
作り手さんの入念な作業に心潤い、じっくりと味わいたくなりますね!

img

(上写真)<三重県>「三重おわせ久喜」うなぎおこわ

こちらは、以前にもご紹介しておりますが「全国おとりよせグルメ」でも
大好評の“うなぎおこわ”
今回も三重県から実演で出店してくださっていて
作りたてのホッカホカを食することが出来、盛況のうちに終わりました!
 
この“うなぎおこわ”、食べ易く、もっちもちでとにかく美味しいのです!!
鹿児島、宮崎産で厳選した鰻だけを原料にし、
職人さんにより鰻の皮を削ぎ落とした蒲焼と、佐賀産のもち米との調和が絶妙な一品。

おもわず顔がほころびますね!

 
そしてもうひとつの名品、
<島根県>からご出店いただいていた「シェ・ブラン」の極上たまごのくちどけロール。
大変残念なことに写真の掲載がございませんが、この「シェ・ブラン」のくちどけシリーズ、
たまらなくやわらかく、ふっわふわ!!!で何個でも食べてしまえます!!
ステキな食感と程よい甘さに幸せな気分を味わえます。 
美味しいスウィーツは、本当に幸せな気持ちになりますね!
 
こちらの商品は、「全国おとりよせグルメ」にて“くちどけシリーズ”を何種も楽しめるように
ご購入いただくことができます。
ご興味をお持ちの方は是非お試しください。
 

店頭レポート1~7まで、盛り沢山の名品をお伝えいたしましたが
気になる名品が~と思われましたら、
是非「全国おとりよせグルメ」でお買い物をお楽しみください。 






全国おとりよせグルメ特集(6)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.29

今回も、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,6」!でございます。

 

img

(上写真)<山梨県>「湊屋藤右衛門」活鮑の本煮鮑

上の写真は、美味しそうに並ぶ「活鮑の本煮鮑」
海のない甲斐の国で生まれた最高の海産物<湊屋藤右衛門>の煮貝は、
厳選された素材、古くからの秘伝の製法でつくられ
「素材・製法・すべてに最高級を求めて」というこだわりがあるという・・・・・・
「煮貝の味わいは、鮑の最高の食し方の一つ」という
最高級の食べ方に添い、極上品ですね!!
 
 
「旨さの伝統」を是非、食したい名品です。

img

(上写真)<茨城県>「そばの伊勢又」 石臼びき常陸そば実演の様子

そして、茨城県からご出店されていた<そばの伊勢又>
店頭では、実演を熱心に見学されているお客さまが多数いらっしゃいました。
 
「常陸秋そば」とは、古くから茨城県に幾つも土地に定着した在来種があったそうなのですが、
その中で久慈郡金砂郷村の在来種が香り、風味・甘味に優れていたため
この種を基に品質の良いものの選別を繰り返し、
「常陸秋そば」という品種が誕生したそうです。 
 
この「常陸秋そば」は、奨励品種に採用され全国のそば店やそば職人から高い評価を受け
「品質日本一」、「玄そばの最高峰」などと評価されているという・・・・・・
 
そそられる高品質のそばを是非この秋に食したいですね!!
 

今回も2名品!をご紹介いたしました。
またまた次回へとレポートは続きます!

全国おとりよせグルメ特集(5)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.28

今回も、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,5」!でございます。

開催後のレポートとなってしまいましたので、
こちらに掲載している中の一部の商品は
この「全国おとりよせグルメ」サイトでは販売しておりません。
申し訳ございません!
 
 
では、今回は3店ご紹介させていただきます。
 

img

(上写真)<山梨県>「ゆば工房五大」白大豆の角ゆば

上の写真は、<山梨県>「ゆば工房五大」の白大豆の角ゆばです。
豆腐?と思うくらいの大きさですが・・・プルップルッとしていてとても惹かれます!!
 
歴史と信仰の町、身延で培われ“良い水”にこだわり良質な厳選大豆を使用し、
「健康”でいられるように」と丹誠を込めてつくられているという素晴らしい一品です。

毎日食べて「健康で笑顔!」を保ちたいですね!


img

(上写真)<愛知県>「ブルーノ」ちびたいやき

こちらは愛知県からご出店されていた「ブルーノ」のちびたいやき
「可愛い!美味しい!」見た目で微笑み、食べて微笑み!!
これはこれは・・・・・一石二鳥ですね。

「お子さまでもひとくちサイズのたいやき」ということで5cmと小さく、
そして表面は張りがあっても中は・・・・・フワッフワッの優しい食感!!
小麦粉にもこだわりがありオリジナル小麦粉を使用しているそうです。
 
お子さまのおやつに、そして大人の方でもちょっとお腹が空いた時やお夜食にも最適ですね。
催事期間中はいつでも大好評でした!

 
そして・・・
写真の掲載がなく非常に残念ですが

和歌山県からご出店いただいておりました<龍神は~と>“柚べし”
紀州龍神の香り高い柚子だけを使用し、柚子の中身をくり抜き
1年天然醸造の麦味噌に落花生・きな粉・ゴマ・などを合わせた味噌を詰めて蒸し、
寒風の中に半年間乾燥させたという・・・
大変手間をかけて丁寧につくられている伝統特産品だそうです。 素晴らしいですね!

尚、「全国おとりよせグルメ」ではシャーベットのお取り扱いをしております。
自然あふれる龍神村の、“こだわりの味”・・・心と味覚をそそりますね!


こだわりの名品、3品!をお届けいたしました。
次回のレポートへと続きます!
 

全国おとりよせグルメ特集(4)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.27

今回も、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,4」!でございます。

ついに、催し期間は終了となってしまいましたが・・・・・
「おとりよせスタッフブログ」にて、ほとんどの名品のレポートを
ご覧いただけます!! 
店頭の様子や名品の説明などとても詳しくお伝えしておりますので、
ご覧になられていない方は是非、「おとりよせスタッフブログ」をのぞいてみてください!

それでは
少しづつではありますが・・次々と店頭レポートをお届けいたします。



img

(上写真)<神奈川県>「越文」の手作り煮豆惣菜

こちらは昭和5年創業、<越文>の手作り煮豆惣菜
3代続く一子相伝の味で無添加にこだわり、国産原料を厳選して全国各地から取りよせて使用し、
入手することが可能な限り有機原料を使っているという・・・
“究極のこだわり”を感じますね!

惣菜の材料も、塩は伊豆大島の海水100%の自然海塩。
砂糖は北海道のてんさい含蜜糖が中心で、
醤油は江戸時代から続く伝統製法の国産丸大豆醤油だそうです。

自然や素材と向き合い、おもむきがある手作り煮豆惣菜。
これからの時期、お正月にでも是非食したい一品ですね!


img

(上写真)<青森県>「片山りんご」りんごジュース

上の写真のフレッシュで美味しそうなりんごに魅了されますが、
このりんごのストレートジュースは岩木山麗片山りんご園産の林檎100%
ストレートジュース
です! 
岩木山麗で育った無袋完熟りんごを水や砂糖を一切使わず、
糖度・熟度の高い果実だけを各品種ごとに厳選しているという・・・
まさに林檎本来の味を損なわずにいただける極上品ジュースですね!!

 
今回もおすすめの名品、2品!をご紹介いたしましたが
ご興味を持たれた方は「全国おとりよせグルメ」でも、
ご購入いただくことが可能です。 一日中いつでもご購入いただけます!


次のレポートへと続きます!

全国おとりよせグルメ特集(3)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.22

今回も、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,3」!でございます。

特に週末は、たくさんのお客さまにお越しいただき大好評!でございます。 
店頭まで足をお運びくださったお客さま、
お買い物がてらお立ち寄りいただいたお客さま、ありがとうございます!!

早速ですが、次々と店頭レポートをお届けいたします。

img

(上写真)<神戸れんが亭>のジューシーなローストビーフ

「おとりよせスタッフブログ」にて、ご覧いただいている方もいらっしゃると思いますが、
・・・このローストビーフ、忘れられない味になるほどに美味!!なのです。

<れんが亭>では、“小さい牛”にこだわり、
肉の旨みがしっかりのった生後27~36ヶ月で、
その上肉質がきめ細かい小さな牛を選ぶそうです。
 
その・・・小さな牛は、なんと
約30頭~50頭に1頭!の割合という、、
 
そのため全国から質の良い小さな牛を集めているそうですが、凄く希少ですよね。 
“こだわり”が、しみじみと心に伝わってきます。
 
そして、国産の玉葱と人参を長時間炒めてつくり、牛肉に浸して風味を醸し出していると
いう秘伝の技の“マリネ液”に感動です!!  ワインにとっても良く合いそうですね!

img

(上写真)<福建菜館 東口飯店>

長野県からご出店くださっている<福建菜館 東口飯店>
 
“福建料理”の特徴とは、山海の珍味を料理することで名高く、特に海鮮料理に巧みを
凝らし、調理は丁寧でも独特の調味による味付けに豪快さを感じさせるそうです。
特に、炒め、下茹で炒め、とろ火煮込みに定評があるとか。
 
この上写真の点心もかなりの絶品!美味しい~!の言葉が何度も何度も自然に出てきます!

美味しいもの盛りだくさん!で、もう一度食べたい名品、新しく試してみたい名品と・・・
迷いに迷ってしまいますね。

またまた次回へと続きます!

全国おとりよせグルメ特集(2)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.21

今回は、前回のレポートの続きということで、
「全国おとりよせグルメ特集Part,2」!でございます。

お客さまの長い列が所々に・・・・・・
たくさんのお客さまにお立ち寄りいただいております!

今回は、次々と「全国おとりよせグルメ特集」の催しの様子を
お届けしていきたいと思います。
あれもこれも・・・・・と名品を求める催事ですね!




img

(上写真)<ひるぜんワイン>「妖精たちの宴」

岡山から出店して下さっている<ひるぜんワイン>
“安心・安全を優先”、“旬にこだわる”、“自然環境を守る”
という・・・<ひるぜんワイン>の三つの誓い。 心和らぎますね。
 
素敵なディスプレイの中にひかる「妖精たちの宴」をゴクッと飲みたくなります。
ひるぜん高原の特別な土「クロボク」で果実が育ち
商品をひとつひとつ丁寧につくられているそうです。
 
ちなみに「妖精たちの宴」 とは、
ひるぜん産の珍しい野生種の天然山ぶどうを絞っただけの、ノンアルコール飲料。
ボトルも飲料自体もワインに似ているので、
アルコールが苦手な方やお子さまも、パーティの席などで盛りあがれそうですね。
 

img

(上写真)<ポワン エ リーニュ> の大行列
 
こちらは、東京・丸の内の<ポワン エ リーニュ>
 
写真のまんなかに、マスクをしている人がいるのが見えますでしょうか・・・?
こちらが店頭です。
そのまわりをぐるりと! お客さまが列をなしております。
多いときはおよそ40名ほど!
お待たせして申し訳ございません・・。
 
国産小麦をさまざまな素材と自家ブレンドし、ひとつひとつ焼きあげているというパン。
「おとりよせグルメ」でご紹介しているのは、
黒糖を使用したこしあんをセミハード系生地で包んだ「アンビザー」。
こちらを中心に、連日大好評をいただいております。
 
 
まだまだご紹介できていないブランドがありますので、
また更新いたします。
 

全国おとりよせグルメ特集(1)開催期間:2009年11月19日〜2009年11月24日

更新日/2009.11.20

今回の催事は、「全国おとりよせグルメ」特集!ということで、
日本全国から厳選された絶品グルメが大集合の催しです!


5月からスタートしたWEBサイト「全国おとりよせグルメ」でご紹介を
している名品が勢揃いし、
人気商品をはじめ、11月19日から新しくご紹介している名品は6商品と、
またまた"こだわりの味"が加わりお惹き付けグルメとして伸張しております!
 
 
今回、人気ブランドや新しくご出店の商品は合計16店舗。
あちらへ、こちらへと・・・・・・
名品をめぐる楽しいお買物のお時間を過ごしていただくことができます。
美味しいものに囲まれて、うきうきしてしまいますね!

今回の店頭レポートは、除々に少しずつ・・ご紹介をしていきます!
 

img

(上写真)<東京都・西麻布>「リストランテ・ラ・ジョコンダ」のラザニアのオーブン焼き

まずは、、、
新しく「全国おとりよせグルメ」に加わった店舗からご紹介させていただきます!

上写真は、<東京都・西麻布>「リストランテ・ラ・ジョコンダ」のラザニア
西麻布で話題の名店がご出店です!
「全国おとりよせグルメ」では、生パスタ&パスタソースセットをご購入いただけるようになりましたが
今回の催事では、“素材そのものの持つ味わいを大切にする”という
コンセプトでつくられたラザニアが・・・・・これは魅了されます!


img

(上写真)<宮城県>「ゆきむら」の鱈子

そして、サイトで御覧になられた方もいらっしゃると思われますが
“一日一組しか予約できない仙台郊外の創造的和食レストラン”
という・・・希少な存在の<ゆきむら>
 
厳選された食材と科学的なアプローチから生まれるモダンジャパニーズ
とモダンスパニッシュの融合、そして伝統の茶懐石料理がコンセプトだという・・・
なんて素敵なのでしょう!!
 
上写真の<ゆきむら>のたらこは、刺身のようにお召しあがりいただける極上品です。


尚、今回の催事は11月19日(木)~24(火)までの開催となります。
「全国おとりよせグルメ特集」!ということで、沢山の名品が集合しております!
興味をお持ちになられた方は、是非お買物をお楽しみ下さい。

・・・・・次回へと続きます。


長野特集(2)開催期間:2009年11月11日〜2009年11月18日

更新日/2009.11.14

今回は、11月11日(水)~18日(水)まで開催されている「長野特集」
第2弾! と、いたしまして「和・洋菓子」編です。


前回は「惣菜・農産物」編として、<いろは堂>炉ばたおやき、
<明治亭>ソースかつ丼、<就一郎漬本舗>野沢菜をご紹介いたしました。
この催事は、11日(水)から開催しておりますが、
寒い中たくさんのお客さまにお立ち寄りいただいており、大盛況でございます!
 
 

img

(上写真)<桜井甘精堂>栗どらやき実演の様子
 

こちらは<桜井甘精堂>栗どらやき。 
この栗どらやき、ホッカホカの実演を見ていると・・・
あれ?!という間に購入してしまうほど惹きつけられます!
 
中身の餡の中には、刻んだ栗が入っており、とっても美味!幸せな気分です。
 
そして、全国に弊堂の名を広めてきたという純「栗かの子」。
小布施の純「栗かの子」は、純栗あんに栗の粒を練り合せ、
栗だけで作られた“きんとん”だそうです。

「全国おとりよせグルメ」にてお取り扱いしている「マロンフィナンシェ」も絶品です!
<桜井甘精堂>の名品は、着色料など添加物を一切使用しない「ほんもの」にこだわり、
丹誠を込めてひとつひとつ作られているという・・・・・素晴らしいですね!!
 
 

img

(上写真)乳たっぷり!の<アトリエドフロマージュ>マスカルポーネシュー

こちらは、テレビで紹介され何かと話題で爆発的人気の「マスカルポーネ・シュー」。
マスカルポーネ・シューは、<アトリエ ド フロマージュ>を代表する看板商品だそうです。
 
お店の本店は、信州・浅間山麗の西端に位置する湯の丸高原にあるそうで・・・
自然の恵みでいっぱいな大地で生まれる数々の名品を求め、行きたくなりますね!!
チーズの種類は本当にたくさんあり、ピザにも魅かれます!
 
 
今回の催事は18日(水)までとなりますが、
信州・長野県の名品を盛りだくさん!にご用意してお待ちしております。
是非、お出かけの際には足をお運びください。
 
 

長野特集(1)開催期間:2009年11月11日〜2009年11月18日

更新日/2009.11.13

今回の店頭レポートは、11月11日(水)~18日(水)まで開催されている
「長野特集」です。

美しい自然で潤う信州・長野県。
魅力が詰まり、美しく美味しい秋を楽しめる催事です!

今回は、
惣菜・農産物と和・洋菓子に分け、2度のレポートにわたり
沢山の名品をご紹介いたします!

img

(上写真)<いろは堂>炉ばたのおやき、ホカホカ実演の様子
 
 
「全国おとりよせグルメ」でも大人気!の<いろは堂>炉ばたのおやき。
今の季節、紅葉~もみじがりなどの行楽のお供に最適です!

この<いろは堂>のおやきは、具の種類がとにかく豊富でぎっしり。
美味しいもっちりとした生地と一緒に、沢山の味をじっくりと楽しむことができます!

釜で焼く<いろは堂>の炉ばたのおやきは、
“こんがり~ふっくら”・・・・・そして、お口に含むと表面はパリッ!
とっても香ばしいのです!!

清澄な水と空気を含み、一つ一つ丁寧に作られています。


img

(上写真)ほおばりたくなる<明治亭>ソースかつ丼、実演の様子
 
 
こちらは、<明治亭>のソースかつ丼。 ・・・そそられます!!

駒ヶ根名物というこのソースかつ丼、
ご飯の上にキャベツを乗せ揚げたてのかつをサクッサクッと切り飾った後、
調合した秘密のソースをたっぷりかけ熱いうちに・・・・
というルーツだそうです。 たまらなく食欲が増しますね!!

<明治亭>本店は駒ヶ根ですが、なんと・・中央アルプス登山口店もあるそうです。
中央アルプスが見える美しい自然の中で「ソースかつ丼」を味わえるとは、本当に素敵ですね!
 
 
そして・・・写真の掲載がなく(システム上、掲載が出来なく申し訳ございません)
非常に残念ですが、 信州“安曇野”からご出店してくださっている<就一郎漬本舗>
こちらの「野沢菜」は、日本の味百選に選ばれた逸品だそうです!!
 
無添加にこだわり、信州安曇野産の野沢菜をアルプスの雪どけ水で洗い、丹念に漬けた
という・・・・・ 
おいしいご飯を炊き、この野沢菜を乗せ~たっぷりと味わう想像が先走ります!
味覚と一緒に、自然を感じながら食したい逸品ですね。


今回の催事は、信州・長野県の盛り沢山の名品に惹きつけられる催しとなっております。
レポート次号は「和・洋菓子」をご紹介いたします!
開催は11月11日(水)~18日(水)までとなりますが、是非お買物がてらお立ち寄りください。