LIVING&ART

井尾建二 金工の世界展

2017.01.26

◆1月24日(火)~29日(日) ※最終日は午後4時30分閉場

◆本館5階 美術画廊 087-825-0738[直通]

 

只今、本館5階美術画廊では、「井尾建二 金工の世界展」を開催いたしております。
 
伝統と革新を鍛金と彫金で表現する金工作家・井尾建二氏の高松三越初個展でございます。井尾建二氏は香川県高松市に生まれ、地元の工芸高校を卒業後、父で金工作家の井尾敏雄氏に師事。日本伝統工芸展において鑑審査員を歴任し、「日本工芸会」の金工部前会長も努められました。日本古来の金工の伝統を受け継ぎながら独自の感性で、現代の生活空間に合う美を追求した作品は多くの人を魅了しております。
 
 
IMG_9842s.jpg
 
 
作家略歴
1945年 香川県高松市に生まれる
1964年 香川県立高松工芸高等学校工芸科卒業。
1968年 株式会社電通パブリックリレーションズ入社。
1971年 伝統工芸新作展(現:東日本伝統工芸展)、第1回伝統工芸日本金工展入選
1975年 第22回日本伝統工芸展に初出品。
1980年 日本工芸会正会員に推挙される
1986年 第33回日本伝統工芸展監査員、以降歴任。
2008年 日本工芸会理事、金工部会長に推挙される。
2014年 「工芸からKOGEIへ」展出品(東京国立近代美術館)。
現在  「日本工芸会」正会員 
 
皆さまのご来場を心よりお待ちいたしております。

最新記事

  • <RMK>ベーシック スキンケアキット 2019
    BEAUTY
  • <ヤッコマリカルド>ピンタックブラウスコレクション
    WOMEN
  • 紳士 春のおすすめアイテム
    MEN
  • 小豆島<東洋オリーブ>フェア
    FOODIE
  • <京都・衣>期間限定販売会
    WOMEN

高松三越

btn_pagetop